2014年05月05日

私は、甲社から5,000万円の借入をしたAさんの保証人になりました。ところが、後にAさんの資金繰りの悪化から債務を弁済できなくなり、甲社が私に弁済を迫ってきました。そこで、私は所有していた不動産を1億5,000万円で売却し、その債務の弁済をしました。譲渡した資産は、その債務の担保にはなっていませんでした。この譲渡によって発生した譲渡益について、保証債務を履行するために資産を譲渡した場合の課税の特例の適用を受けることができるか否かを教えてください。

保証債務を履行するために資産の譲渡を行った場合の課税の特例に関しては、譲渡を行った資産が担保となっているときのほか、担保となっていないときにも、他の要件に当てはまるのであれば、その適用を受けることができます。

1.概要
 主債務者Aさんの保証人となっている私が、その保証債務を履行するために資産の譲渡を行った場
合において、その債務を履行することにより取得した求償権の行使ができないときには、その譲渡の
うち一定金額に関して、譲渡がなかったものとみなされることとなります。

2.譲渡がなかったものとみなされる金額
 保証債務を履行するために資産を譲渡し、その求償権の全部又は一部を行使することが不可能とな
ったときは、次に掲げる金額のうち最も小さい金額の譲渡がなかったものとみなされることになりま
す。
(1)求償権の行使不能額
(2)求償権の行使ができないことになったときの直前における総所得金額、上場株式等に係る配当所得
の金額、土地等に係る事業所得等の金額、分離長期譲渡所得の金額、分離短期譲渡所得の金額、株式
等に係る譲渡所得等の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、退職所得金額及び山林所得金額の合計

(3)求償権の行使不能額に係る上記(2)の金額の計算の基礎となる譲渡所得の金額

3.計算例
 ご質問の例に関して、譲渡収入は1億5,000万円、取得費は750万円(1億5,000万円×5%、概
算取得費)、譲渡費用は仲介手数料の50万円、債務を弁済した金額と求償権の行使不能額は共に4,000
万円、保証債務を履行したあなたのその年の総所得金額等の合計は5,000万円であるということを前
提に、長期譲渡であると仮定し、あなたの譲渡所得の計算を行ってみます。
A収入金額・・・1億5,000万円
B譲渡とみなされない金額・・・4,000万円
C取得費・・・750万円
D譲渡費用・・・50万円
E譲渡所得・・・A-B-C-D=1億200万円
譲渡所得税・住民税・・・E×20%=2,040万円
こうして、この特例の適用を受けることによって、譲渡所得の金額から譲渡とみなされない金額の4,000万円を控除することが可能となります。

4.借換えをした場合
 当初、主債務者には弁済能力がないと分かりながら連帯保証をした場合には、この特例の適用を受けることはできません。そのため、借換えを行った場合において、その弁済能力の判定時期が、当初なのか、借換えを行った時点なのかの判断に迷いが生じることになります。
 この問題について、さいたま地裁平成16年4月14日判決は、借換え時に通常、保証人が保証債務の負担を自由に免れるものではなく、従属的な地位に置かれていることを重視し、当初の契約時に求償権の行使が可能であると認識できる場合には、この特例が適用されるとしています。そして、借換え時に債権者が異なり、新たに根抵当権を設定している状況においても、この特例の適用を認めています。
posted by oio5c0gytw at 00:00| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

東日本大震災による被災のため、自宅に住めなくなったことから、私は自宅の敷地の用に供されて いた土地を売却することにしました。一般的には、住めなくなってから3年後の年末までの間に売却すると、居住用財産の譲渡所得の3,000万円特別控除の適用を受けることが可能であると聞きました。しかし、今のところ売れる見通しが立っていません。被災した場合にも、売却の期限は同じでしょうか?

東日本大震災により被災して家屋が滅失したためにそこに住めなくなった人がその敷地の用に供されていた土地等を譲渡した場合における特例の適用については、その適用を受けられる譲渡期限が、東日本大震災の被災者の負担軽減を図るため、東日本大震災があった日から7年(通常は災害があった日から3年)後の年末までの間に延長されています。

1.概要
 有していた家屋で、住宅として用いていたものが、東日本大震災により滅失(通常の修繕では原状回復が困難である損壊も含みます)したことで、住宅として用いることができなくなった人が、その滅失家屋の敷地の用に供されていた土地等を、東日本大震災があった日から7年(通常は3年)を経過する日の属する年の12月31日までに譲渡した場合には、居住用財産を譲渡した場合における次の特例の適用を受けることができます。
(1)居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の課税の特例
(2)居住用財産の譲渡所得の特別控除(3,000万円特別控除)
(3)特定の居住用財産の買換え等の場合の長期譲渡所得の課税の特例
(4)居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算及び繰越控除
(5)特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除

2.特例の適用手続き
 滅失した家屋の敷地の用に供されていた土地等を譲渡したことによる譲渡所得の確定申告のとき、確定申告書に、その特例の適用を受ける旨の記載をし、上記1(1)から(5)までの特例の適用を受けるのに必要な添付書類や、り災証明書等の家屋が東日本大震災で滅失したことで住宅として用いることができなくなったことを明らかにする書類を添付することにより、これらの特例の適用を受けることができます。
posted by oio5c0gytw at 09:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年11月25日

保証債務の履行について教えてください。

Q、Aさんは甲社より5000万円を借り入れておりました。私はAさんの保証人となりました。
 ところがその後、Aさんは資金繰りの状況が悪くなり、債務を弁済することができなくなり、甲社は私に弁済を要求してきたため、私は所有していた不動産を1億5000万円で売却し、その債務を弁済しました。
 私はこの譲渡により、譲渡益が発生することとなりましたが、この譲渡益について、「保証債務を履行するために資産を譲渡した場合の課税の特例」は適用されるのでしょうか。なお、譲渡した資産はその債務の担保となっておりませんでした。

<解答>
 「保証債務を履行するために資産を譲渡した場合の課税の特例」においては、譲渡した資産が担保となっているかどうかは問いません。したがって今回の事例では、他の要件を満たしていれば特例の適用を受けることが出来ます。

<解説>
1、 特例の内容
 主たる債務者Aさんの保証人となった私が、その保証債務を履行するため、資産を譲渡した場合において、その債務を履行することにより取得した求償権の行使が不能な場合には、その譲渡のうち一定金額について、譲渡がなかったものとみなされます。

2、 譲渡がなかったものとみなされる金額
 保証債務を履行するために資産を譲渡し、その求償権の全部または一部を行使することができなくなったときは、次のいずれかの金額のうち最も小さい金額の譲渡がなかったものとみなされます。

一、 求償権の行使不能額。
二、 求償権の行使ができないこととなったときの直前における総所得金額、上場株式等に係る配当所得の金額、土地等に係る事業所得等の金額、分離長期譲渡所得の金額、分離短期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、退職所得金額及び山林所得金額の合計額。
三、 求償権の行使不能額に係る上記二、に掲げる金額の計算の基礎とされる譲渡所得の金額。

3、 計算例
 上記事例について、下記の前提で計算をしてみましょう。

譲渡収入・・・・・・・・・・・1億5000万円
取得費・・・・・・・・・・・・750万円(みなし取得費:譲渡収入×5%)
譲渡経費・仲介手数料・・・・・50万円
債務を弁済した金額・・・・・・4000万円
求償権の行使不能額・・・・・・4000万円
保証債務を履行した人のその年の総所得金額等の合計
→5000万円

長期譲渡と仮定
収入金額・・・・・・・・・・・1億5000万円
譲渡とみなされない金額・・・・4000万円
取得費・・・・・・・・・・・・750万円
譲渡経費・・・・・・・・・・・50万円
譲渡所得・・・・・・・・・・・1億200万円
税率・・・・・・・・・・・・・20%
譲渡所得税・住民税・・・・・・1億200万円×20%=2040万円

 上記のように、この例を適用することによって、譲渡所得の金額から「譲渡とみなされない金額」4000万円をマイナスすることができます。

4、 借り換えた場合
 保証債務の履行の特例は、当初主たる債務者に弁済能力がないことを知りつつ、連帯保証をした場合には適用がされません。したがって借り換えた場合に、その弁済能力の判定時期が、当初なのか、借り換えた時点なのか判断に迷うところとなります。
 この問題に対し、さいたま地裁平成16年4月14日判決は、債権者が異なり、新たに抵当権を設定した場合であってもこの特例を認めています。
 つまり、当初の契約時において、求償権の行使が可能であると認識できる場合にはこの特例の適用があることとされています。
(注)平成25年1月1日から平成49年12月31日までの間は、復興財源確保法により、所得税に加えて、復興特別所得税がかかります。
 本問の場合は、税率が
所得税:15%、復興特別所得税:0.315%、住民税:5%の合計:20.315%
となります。
posted by oio5c0gytw at 10:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。